ワードプレスでホームページを作るとなにがいいの?


以前、「ところで、ワードプレスって何?」を書いたのですが、なぜワードプレスで自社ホームページを作るといいのかを書いていなかったので、今日はワードプレスで自社ホームページを作るとなぜいいのかについて書きます。

ワードプレスの最大の魅力は、管理画面から専門的なウェブ知識がなくてもホームページを更新することができることです。自社でホームページを持った場合に1番困るのは、更新ができないということではないでしょうか?ホームページのデザインなどは、それほど頻繁に変更することはないと思います。ただ、メニューの料金が変わったので、修正したいのにできないということが日常よく起こります。そういったことが簡単に自分でできるのがワードプレスの特徴です。もう少し詳しく見てみましょう。

管理画面でホームページをコントロールできる

ワードプレスには、ブログサービスなどと同じように管理画面が用意されています。なので、ブログを書いたり、お店の住所を変更したり、メニューの写真を変えたりするのは、全て管理画面から行えます。複雑なウェブ知識や用語などを覚えていなくても、パソコンで文章を書くことができる方ならば、使いこなすことができます。

インターネットにつながりさえすれば、どこからでも更新が可能

ブログサービスなどと一緒で、ワードプレスの管理画面はサーバに置かれています。なので、自分のパソコンでなくても、インターネットにつながる環境さえあれば、どこからでも管理画面にアクセスすることができ、更新作業なども行うことができます。

簡単にホームページの外観を変更することができる

ワードプレスで作られたホームページの外観は「テーマ」によって見栄えが決まります。テーマは無料から有料まで豊富に用意されており、会社ホームページに最適化されたテーマや写真を中心に見せるテーマなど自分に目的に応じたテーマを利用することで、簡単に見栄えのいいホームページを作ることができます。

プラグインが豊富に用意されている

プラグインというスマホでいうアプリのようなものが豊富に用意されているのもワードプレスの特徴です。例えば、ショッピングカート機能を追加するプラグインやSEO対策に有効なプラグインなど多岐にわたるプラグインが用意されているので、自社の目的にあったプラグインを利用することで、ウェブの知識があまりなくても、高機能なホームページにすることができます。

まだまだ魅力はたくさんあるのですが、ワードプレスは自社で更新できるホームページを持ちたいと思っている会社さんにとっては最高のホームページ制作ツールだと思います。