ホームページ・ブログ記事のリンクエラーを発見してくれるプラグイン


wordpressで作ったホームページに、入れておくと便利なプラグインに「Broken Link Checker」というのがあります。

ホームページやブログ記事の中でリンクを張っている時に、知らない間にリンク切れになっていた!ということってありませんか?
リンク切れしているホームページやブログは、評価も下がるようです。
外部サイトへのリンクを張っていると、こちらが知らない間にそのページのURLが変わっていることもあります。

この「Broken Link Checker」というプラグインを入れておくと、サイトの中をパトロールしてくれているので、リンク切れを発見すると「リンク切れてますよ!」と知らせてくれます。
便利~♪

いろんな種類のリンク切れがあるのですが、今回は先日届いたほやほやのリンク切れをちょっと見ていただきますね。

まず、こんなお知らせメールが届きます。

リンクエラーのメール

早速、サイトへログインして、ダッシュボードから【ツール】→【リンクエラーをチェック】をクリック。

サイドバー1

すると、リンクエラーになっているその詳細が出てきます。

リンクエラー2

エラーの内容によって、すこーし表示が変わりますが、だいたいこんな感じです。
以前ワタシは、鬼のようにリンク切れが出てきて結構凹みましたが、ひとつだけ・・なんてカワイイもんです♪

左のほうにある「URL」をクリックすると、そのページがなくなっていました。
このように、サイトやニュースページを紹介していると、この種類のリンク切れは起こることがよくあるようです。

ちなみに、リンク切れを起こしているページを見ると

↓ ↓こんな感じ。

エラー画面

「Broken Link Checker」が、打ち消し線でその部分を教えてくれています。
では、さっそく退治!

リンクエラー内容3

赤枠で囲った【編集】をクリック。
リンク切れを起こしている記事の編集画面が出てきますので、そこから編集します。
今回は、ページがなくなっていましたので前後の文脈も見つつ、サクッと削除しました。

で、編集を終えたら【更新】をクリックして、更新後の画面を見てみましょう。

 ↓ ↓ こうなりました。 何もなくなったでしょ♪

リンクエラー4

「Broken Link CHecker」をもう一回確認すると

リンクエラーなし
きれいになくなってました~♪ よしよし。

ホームページやブログ記事のリンク切れを発見してくれる「Broken Link Checker」。

ブロークンリンクチェッカー

「わ♪使いたい!」と思ったら
【プラグイン】→【新規追加】で、検索のところに「Broken Link Checker」と入れて、導入します。

リンク切れを定期的に見てもらう期間の設定や、発見したときにどうするかの設定など
細かい設定をすれば、OKです。