ホームページ用に商品を合わせる


店鋪で売れているものがそのままホームページで売れる訳ではないんですよ。

ホームページの制作依頼でよくいただくのが、店鋪で売れているものをホームページでも売りたいというのがあります。

ただ、店鋪で売れているものをそのまま持っていってうれることが経験からいうとそれほどないです。
自社で扱うものがよっぽと人気商品で商品名で検索されるようなものでない限りネットショップを開いただけでは売れるようにはなりません。

何度か当ブログでも書いていますが、ホームページでモノを売るには、ホームページで売れるようにカスタマイズが必要です。

要するに…

インターネットで売るために商品をあわせることが必要です。

どういうことかと言うと、自社でお菓子を売っていたとしましょう。
単品で500円くらいの商品があったとします。
その商品をそのまま500円で単品で売り続けても、リアル店鋪との在庫の兼ね合いなどもみながら売らなくてはならないですし、種類も多いので、管理が大変です。
それでいて、手間がかかる割によっぽどの人気店でもない限り、商品名や店名で検索されることもないから、ほとんど売れないと思います。

しかも、普段お店に買いに来る人がネットで買うことはまずありません。
だって、お店で自分の目で見て買いたいし、送料もかかってしまうから。
当然ですよね。

では、どうすればいいのか?

お菓子の詰め合わせなど贈答品向けの商品を用意すればよいです。
値段も3,000円くらいから10,000円くらいまでのレンジで。

C824_chokobox500

これだと普段そのお店のお菓子を買ってくれるお客さんが贈答品として、友人に贈ろうとしてくれます。
そして、それをもらった方が美味しかったので、買いたいと思って、そのお菓子屋さんのホームページを見に来て、購入という好循環に入ってきます。

当然ながら、味がよくないといけないですが・・・

話をえらく単純に書きましたが、自分が商品を買う立場だったら、ネットでわざわざ商品を買うのはどういう場面かを考えて、そのニーズに合わせて商品を開発しないとホームページでものは売れません。

ニーズがあって、商品です。
間違っても、商品を用意してからニーズを探すのではありません。

久しぶりにいいこと言いました。