ブログを外部サイトで書いてもあまり意味がない件


blog_write

「ブログのほうはアメブロでがんばって更新しています!」と
意気揚々とお話しされるお客様が結構いらっしゃいます。

でも、僕は「それはあまり意味無いですよ~」とお伝えしています。

GOHOさんの前の「なぜブログを更新することが大切なの?」のエントリーでも、
ちらっと書いていましたが、その点についてもうちょっと詳しく書いておきます。

たぶんなんとなくブログがSEO的に有利だからとからとかの理由で
とりあえずアメブロでブログでも書いてみるかといった安易な気持ちで書き始めて、
すぐに飽きて、放置されている状態が多いのではないでしょうか?

では、なぜ外部のブログサービスでブログを書いても意味がないのか…

1.ドメインが一向に強くならない

会社がブログをやるのは、商品の紹介ももちろんありますが、自社のドメインを強くして、少しでも多く検索エンジンに引っかかりやすくしたいとの狙いでやっているのではないでしょうか?外部サイトでいくら更新したところで、検索エンジンはその外部サイトは評価しますが、御社のサイトは更新されていないとされ、いっこうにドメインは強くもならないです。

2. SEO的にはあまり意味が無い

外部リンクが有効だと何かのセミナーで聞いたので、外部のブログサービスから自社のサイトにリンクを貼るためにやっているという声もたまに聞きます。ただ、これも最近のグーグルはほとんど外部ブログサービスからのリンクを評価しなくなってきていると言われています。悪質なSEO会社が大量に無料ブログサービスでサイトを作り、そこから被リンクを獲得することで検索順位をあげるという行為が横行したことがありました。そのため、無料ブログサービスからの被リンクについては、その価値があまり意味が無いというか、逆にグーグルから悪質な被リンクだと判断される危険性があります。

3.検索結果のドメインの多様性

今のところ1ページに表示される同一ドメインからの検索結果は4ページと言われています。これはどういうことかと言いますと、「保険」というキーワードで検索された場合、A社のブログサービスで4つの保険に関するブログ記事しか検索結果に出ないということです。何万人が利用しているブログサービスで4つのブログ記事だけが出てくるということなので、当然有名人のブログや大量のアクセスのあるブログが表示されますので、御社が片手間で書いているブログ記事が検索結果に出てくることのは相当厳しいと思います。

4.無料の場合、サービスが終わってしまう可能性がある

無料のブログサービスで書いてる方が多いと思いますが、無料ブログサービスの場合、そのサービスが終わってしまうこともあります。その場合、移行の手間は相当かかります。無料ブログサービスの場合、データのはき出し機能をもっていないこともあるので、画像も含めると移行には相当な手間がかかることは覚悟しておいたほうがいいです。さらに、せっかく書いたものも。検索エンジンからの評価はまたゼロからとなります。

ちょっと長くなってしまいましたが、「ブログは自社ドメインの中でやりましょう」が言いたいことでした。