「他との差別化」をどうするか


色んなお仕事をなさってる方々に、お話を聞く機会があります。
商品や会社の特長をうかがっていると
大きく分けて、二つの傾向があると感じています。
(あくまでも、大きく分けて・・・ですよ)

「うちはこだわってます」と話すタイプと
「そんなん、どこも一緒でしょ」と話すタイプ。

最初の取っ掛かりはそうなんですけど、突き詰めていくとこの二つは、
実はどの会社(人)も両方を持っていらっしゃることに気付かされて
面白いなぁと思います。

togi

どういうことか?

どの会社(人)にも
「ここは大事にしたい」という部分が必ずある、ということです。
それが「こだわり」という言葉になっているだけのこと

だから
「そんなん、どこもやってはるやろ」という方の中にも
「こだわり」はちゃんとあります。

その「こだわり」をとがらせていけば、それは他との差別化に繋がります。

ホームページを作って自社をアピールしていく時、
世の中に、多くの商品やサービスがこれだけあるのですから
「この商品・サービスは、世界に一つだけのものです」というのは
本当にごくごく限られています。
だから「ここが、他とは違うところです」と謳うことは大切です。

ホームページで、アナタの会社の商品・サービスを選んでもらうには
ただ商品・サービス等を紹介するだけでは、足りません。

どうするか。。。

答えは、

こだわりを出す!

・・・です、当たり前ですけど。

「そんなんどこもやってはるやろ」の視点でなく
「うちが大切にしてることは、何だろう」という視点で
商品と会社について問いかけて、「こだわり」と「強み」を洗い出して
それをホームページに、しっかり「出す」!

書品・サービスの特長だけでなく、
その背景にある「こだわり」を出す! です。

きっとあります。

もちろん、よそと被ることはあります。

でも、例え被っていても、大切に思っていることは出すべきです。
それをしないで、ホームページやチラシを作っても
出さない限り、読み手にはわからないですから。

「大切には思ってるけど、強みってほどじゃないし」
と思うことが、もしかしたら「こだわり」なのかもしれませんよね。
そう思ったなら、自社のこと、商品・サービスのことを
まったく外部の第三者に話してみることをオススメします。

「これはちょっと、雑談になるんですけどね・・・」という中に
「えーっ!それってスゴイですねー!おもしろいー!」
というコトが隠れていたというのは、よくあるんですよ♪

それこそが、「他にはない、うちだけのもの」になることが
実はたくさんあります。

洗い出してみて下さい。きっとありますから♪