「誰に?」を考える <クイズ付き♪>

ネクストグロウMTG

ども! こんにちは。
コンテンツ・アドバイザーのごほうです。

ネクストグロウMTG

今年の4月に、ネクストグロウを4人でスタートさせて約5ヶ月。今は、

「お金をかけずに更新できるホームページの始め方」セミナー(無料)
自分で更新できるホームページ制作・実践セミナー
自分で更新できるホームページ制作代行 
・・・の3つのサービスを提供しています。

さて、今さらですが、ホームページを持つ目的は
「作ること」でなく、「人に見てもらうこと」。

では、「人に見てもらう」ために必要なことって、なんでしょう?

答えは色々ありますが、今回はその中のひとつ、「誰に?」についての話です。

「誰に見てもらいたいのか」を考える

ホームページに限らず、チラシでも、プレゼンでも、ブログでも(!)、

「誰に見てもらうのか?」を考えることは、とっても大切です。

例えばプレゼンは、

・事業パートナーと出会うため

・融資を獲得するため

・商品・サービスを広くお知らせするため

・・・と、目的は様々。目的によって話す内容も、違ってきます。

一般消費者が多くいる会場で、

「これこれの事業をするので、それには、これだけのお金が必要で・・・」

なんてプレゼンをされたら、ステキな商品を見せられても、なんだかちょっと不安です。

 

「誰に見てもらうのか?」を考えたら、当たり前ですが

発信する情報も、自然と方向が決まってブレません。

その人に伝わるように、と盛り込む内容や表現方法も決まっていきます。

 

「誰に」というのは、具体的になればなるほど、good♪

あれもこれもと、情報が盛りだくさんになって内容がぼやけることを

防ぐ効果がありますよ。

人間の脳は、一度にたくさんの情報を処理するのに時間がかかるので、

よっぽど有名なものや会社の情報でない限りは、興味がなければ

「やーめた!」と、情報処理の途中で、よそへ移っていってしまいます。

新聞とあひる

情報は、それを求めている人に届いてこそ、価値があるのですね。。。

あー、もったいない!せっかく作ったのに・・・!

ホームページでも、チラシでも、プレゼンでも、ブログでも(!!)、

発信する情報を受け取る相手は誰なのか、を明確にすること。

これが「人にみてもらう」ために必要な、最初の準備です。

 

 

 

 

では、最後にクイズです♪

貴方は、新しく車を開発しました。

この商品を、30代女性にアピールするなら、どんなことに気をつけますか?

色々考えてみましょ~。 (答えが気になる方!10月4日の無料セミナーでお会いしましょう)