ホームページ運用に必須のおすすめFTPクライアントソフト

FTP Rush

※この内容は、WordPressのホームページを自分でカスタマイズしたい人向けになっています。

WordPressでカスタマイズするときに必須なFTPクライアントツール

WordPressでつくられたホームページは、ブラウザさえあれば更新や編集ができるようになっています。
ですが、本格的にカスタマイズしようとすると、必ず必要になるのがFTPクライアントツールです。

たとえば、WordPressの設定でURLをまちがって変更してしまうと、WordPressの管理画面にログインすることができなくなります。その場合は、FTPクライアントツールで直接wp-config.phpというファイルを書き換える必要があります。
そんな、とっさの時には、レンタルサーバーの管理画面からFTPクライアントツールを使ってもいいです。
でも、頻繁にカスタマイズしたり、サイトの素材画像をアップロードする機会がおおいのであれば、パソコンにFTPクライアントソフトをインストールしておいたほうがいいです。

もちろん、無料で使える優秀なFTPクライアントソフトがたくさんありますので、余分な費用は必要ありません。
たとえば、日本でもっとも著名なフリーのFTPクライアントソフトといえば、FFFTPというソフトです。

FFFTP http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html
歴史も長く、国内ではホームページを扱う、ほぼすべての人が使っていたのではないか、というくらい、定番のソフトです。
ところが、原作者が開発継続を停止する、と発表したことを契機にセキュリティ対応などの問題も相まって利用者は激減したようです。結局、有志が後を引き継いでオープンソースで開発は継続されていますので、いまでも安心して利用することが出来ます。
ただ、大量のファイルをアップロードしようとすると失敗することがありますので、たとえば、WordPressをまるごとバックアップするためにいっぺんにダウンロードしようとしたり、他のサーバーにお引っ越しするときなど大量のファイルをアップロードするような用途には向いていません。

そこで、オススメなのがこちらです。

FTP Rush
FTP Rush http://www.wftpserver.com/jp/index.htm

もともと有料の製品だったこともあって、非常に多機能なソフトです。ただ、だからといって複雑な操作は必要なく、使い勝手もいい感じで、しかも高速でアップロードできるところがいいですね。

 

ただし、インストールしただけだと英語表記のままなので、英語が苦手な人は日本語で表示できるように設定する必要があります。
とはいえ、その設定も至って簡単ですので、その方法を説明しますね。

まずはFTP Rushのダウンロードから。

http://www.wftpserver.com/jp/download.htm#downfile2

FTP Rush のところにあるDownloadをクリックします。
ここでは、通常版(フリーウェア)をダウンロードします。
(なお、ポータブル版 はUSBメモリに入れて持ち運んだりしたい人向けのコンパクトバージョンです。)

ダウンロードしたインストールファイルをクリックしてインストールしてください。
インストールそのものは、特に難しいことはありません。[次へ]をクリックしていくだけです。

インストールが終わったら、FTP Rush を起動して下さい。

1406250013
まずは表記を日本語になるように設定を変えます。
Tool→Languages から Japanese をクリック。
これだけです。

次に、フォントの設定をします。

1406250033
ツール(T)→オプション(P)をクリックするか、キーボードのF6を押します。
1406250035
表示 の フォント をクリックして、[フォントを変更…]ボタンをクリックして、フォントを変更します。(ボタンは3つありますので、それぞれクリックして設定してください。)

1406250019
MS UI Gothic を選んで、文字セット(R)を[日本語] にして、[OK]ボタンをクリックします。

 

1406250034
最後にオプション画面の[OK]ボタンをクリックします。
これで日本語で表示されるようになります。

 

1406250037
画面の右と左は、それぞれ別のサーバーを表示することが出来ますので、お引越し作業は右から左でできるので便利ですね。

 

1406250022
もし、FFFTPをながらく愛用した人なら、左側がローカル(パソコン)で慣れていると思うのですが、パソコンアイコン 1406250026をクリックすればローカル表示に簡単に切り替えることが出来ます。

 

1406250021
もう一度、サーバーアイコン 1406250027をクリックすればリモート(サーバー)に切り替えることも出来ます。
1406250038
接続は接続アイコン1406250025をクリックして、簡易接続ダイアログをクリックします。

 

1406250039
FTPサーバーのホストを入力して、

□匿名ログイン のチェックを外して、ユーザー名、パスワードを入力します。

 

1406250028
ブックマークを使えば、接続したホストを登録しておくことが出来ます。ブックマークを活用すれば、複数のウェブサーバーも管理できます。

 

WordPressはFTPクライアントツールなしでも更新できるわけですが、本格的に運用するのなら、インストールしておくことをおすすめします。